友達の自宅

近所に保育園から中学生までずっと一緒の同い年の近くがいました。双方3自分姉妹の長女で、日々一緒に通学する程に仲がよかったのです。
ただ、その子どものマイホームは重ね重ね携帯が変わるわが家だったのです。ボクにしか教えないからね。とそれほど言われていましたが、小さい頃なので別段不思議には思わなかったんです。その子どもの親はボクを横街路のおイベントに連れて行ってくれたり、トランプを使った色恋占いを教えてくれたりとかなり良くしてくれました。
ところが、中学校に入学してからその子どものわが家は知らせ網に携帯を記載しなくなりました。登校時も扉のチャイムを鳴らしても誰も出ないのに、ボクが名前を言うと出てくるように変わりました。でもその子どものわが家は一年に車を何回も買い換えているし、その子どもの所有品物は流行りのタイプばかりでしたので、何かが変だと思いながらも因子がわからなかったのです。中二の夏にその子どもの婦人からガーデンでバーベキューをやるからお越しと誘われて行きました。たわいもない話をして面白く過ごしていたら、俄然黒くスモークだらけの車が3客席止まり、中から厳つい男性が7にぎわいてきたのです。そのとたん、急にその子どもの父親が「裏に回れコラァ!」と叫んで居なくなったのです。今まであんなスタイルを見たことがなかったので、実際ビックリしてわが家に飛んで帰りました。一気にあったことをお母様に話すと、その子どものわが家は貸し付けまみれで町中で有名な箇所、それは貸し付け受けとりの皆さんだという事を知りました。早朝からその子どものわが家の周囲を彷徨く人達がいたり、うちに直その子どものわが家の携帯教えてほしいと訪ねて来た自分もいたそうです。次の夜間その家事は夜逃げしました。これがボクとやみきんとの初対面です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ