不法の貸し借りはかいさなくても好ましい

やみきんとはどうしてやみきんというかというと文言行き来、闇でやっていて、
闇ではないと逮捕されるからです。
闇ではなくても法的には借りた財はかえさなければならないけど
それは自己責任の見方でその日本の法律は崩壊する必要があります。
テロが起きるとテロリストはマーダーになりますが原理が崩壊するのには
誰の力不足にも出来ないで原理が致命的になる必要があります。
たとえば翌日日本の衛星が打ち上げられますが軌道を外れて日銀や財務省に落ちれば
誰の力不足にもなりません。
やみきんでは不法が利息はかいさなくてもいい事になっていますが
日本の法律で借りた分だけの資産は返すことが必要必要ずけられています。
なんで利息が取れる件数は日本の法律で決められていて、
返せないのが分かっていて貸した人間にも責任があるのに
借りたほうが無理をしてまで返すのが必要ずけられているからというと
自己責任を維持したい右側力勢いがいて、
パブリック助、共助をしない事により、
人前がかしこく回るようになっているからです。
ですからやみきんを考えるのには自己責任と考えるきっかけになりますから
そこがやみきんの災いがスポットです。
本当は大抵にとって不利益な原理は政府や団体の利得になっても
あってはいけないのです。
キャッシングは返せない人物に貸した人間にも責任があり、
それでも返せないのに返す必要があるという事は
政府や株式会社にとっては利益になりますが私立単位で考えれば
利得になる人物は少ないですね?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ