借りたら極めつけ!!終わらない支出最後、天命までどん底に。

ヤミ金とは、その名の通り、”闇”賃金。
なんでヤミ金が存在するのか?
それは、並のサラ金では借りられないが、やはり有償な人様がいるからである。
借りるのは簡単ですよ。状勢資格があって18年齢以上であればうれしく貸して貰えるでしょう。
しかし1度借りたらトドメ、支払っても支払っても返済額は減るばかりか増える片方なのである。
どうして増えるのか?その仕組は”金利”である。
ヤミ金は他のサラ金よりも莫大な単価の金利を上乗せして貸す。
例えば5万円借りたとしても次月には10万円になっているのである。
次月にまるごと払えるなら直ぐ出金出来るかもしれないが、サラ金でお金が借りられなくてヤミ金に来ているようなユーザーが丸ごと出金辺り出来るはずがない。
大抵はジャンプと言って、金利食い分のみを返すシルエットを取るようだが、お分かりのまま借りてる食い分は返してないことになるのである。
つまりちょっとずつしか返せなければ、絶えずジャンプ=金利だけを払い続けることになる。
払っても払っても減らないのだ。
そして最終的に払えなくなって逃げようとすると、威圧的な取立てに合うことになる。
奴らはどこまでも追ってくるのだ。
奥さんであれば不法風俗などに飛ばされて稼がされ、紳士であれば生命保険をかけられてトラブルに見せかけて保険金を受け取るという惨いことも平気でする彼らだ。
わずか何万円かを借りたばかりに天命が180度変わってしまうのである。
ヤミ金は闇が奥深い。
関わらないことを全力でおすすめする。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ